09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

ひとことバックナンバー 20161228 


2016/12/02
なにごとをするにしても、仕草が乱暴なのはいけません。
はやく動かさないといけないからと言って、無駄な動きが目につくようでは上達の妨げになりますね。
慌てず、騒がず、急ぐことです。

2016/12/03
息を吸い上げたときに肩が動くのは気にする必要はない。
いちど楽器を横に置いて、腹式呼吸という言葉だけがひとり歩きすることの無いよう注意深く呼吸について観察してみると良いであろう。

2016/12/04
マウスピースを口で追うよりは、マウスピースに口元まで来てもらうようにする方が良い結果をもたらすことでしょう。

2016/12/05
まず最初によく聴き、分析し、それから音を出すのです。

2016/12/06
共演者は、あなたのカラオケではありません。
共演者を「伴奏者」「バック」などと考えているうちは音楽ではありません。

2016/12/07
自分本位が見える演奏ほど聴き苦しいものはありません。

2016/12/08
サックス以外の楽器からも、たくさんのヒントを得ましょう。
優れたヴォーカリストは、サックス演奏におけるヒントの宝庫であります。

2016/12/09
吹こうと思うから顔が真っ赤になるのです。

2016/12/10
ラジオ体操はとても素晴らしい体操です。

2016/12/11
音楽はびっくり人間大賞ではありません。

2016/12/12
リズムのことはドラマーやパーカッショニストにおまかせと言うのでは、周りの方が困ってしまいますね。

2016/12/13
低い音が出しにくいからと言って、口を緩めてはおられませんか。
高い音が出ないからと言って、口を噛み締めてはおられませんか。

2016/12/14
楽譜の通り演奏できることが音楽の本質ではありませんが、あなたの大きな助けとなることでしょう。

2016/12/15
やっとのことで吸い込んだ有限の息を、いかに効率よく音に変換するのかをただひたすらに考えるのです。

2016/12/16
体を冷やしてはいけませんが、頭が熱くなるのは注意が必要です。

2016/12/17
その練習は何のためにやる練習なのか、それよりも良い方法はないのか、常に考え行動することです。

2016/12/18
片手で三連符、もう片手で8分音符を同時に打つくらいのことは軽くやってのけておきましょう。基礎のうちです。
あなたがバンドの中で重い荷物と思われたくなければ。

2016/12/19
まず聴くことを先にするという癖をつけましょう。

2016/12/20
あなたが「こんな風に吹きたい」と思う方を師に迎えるのがもっともよい選択でしょう
ただしいつまでも師の背を追うのではなく、いつか近い将来にあなたが選んだ師のまなざしの向こうにあるものを師と共に追うのです。

2016/12/21
「正確に吹ける」と言うのは簡単なことです。正確に吹ければそれでよしなのですから
ほんとうにたいせつなことはその先にあるのです。
正確に吹けるということくらいはさっさと終わらせてしまえば良いのです。

2016/12/22
音楽とは、ひとのこころを惑わせ、目くらまし、そして狂わせることのできる魔術のひとつなのです。

2016/12/23
二拍五連、四拍三連、などと言う音符を見てもなんら慌てることはありません。
あなた方は日本の義務教育で算数と言う術をマスターしているのですから。

2016/12/24
吹きながら冷静さを保つことができたなら、聴こえてくるものが増えるでしょう。
もっと耳をすませば、次に吹くべきものが聴こえてくるでしょう。

2016/12/26
なるべく早いうちに、優れたリペアマンに治してもらった直後の楽器を吹くことです。
正しい状態を知らなければ、いつ楽器が狂ったか分からないではないですか。

2016/12/27
あなたの個性など誰も聴きたくありません。
安心してまずは普遍的に美しいとされるものを徹底して模倣なさい。
押し殺してもただひたすらに隠してもヴェールの上から透けて見えてしまうもの、それが本当の個性です。
あなたがみずから発揮しようとして発露されるものは個性などと呼びません。

2016/12/28
普段の生活の中から、大きな声で表情豊かに笑い、口を大きく開けて話し、滑舌よくくっきりと発音するように心がけましょう。
スポンサーサイト

category: 書き物

Posted on 2016/12/28 Wed. 16:11  edit  |  tb: --  cm: -- 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。