07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

時間の芸術への道のりの開始点 

メトロノームを鳴らして、16分音符をタタタタ…とタンギング(口で言うだけでもいいし、ほかの楽器でもいい)してみます。

これはどなたでもだいたいお出来になります。よほど早くなければの話です。

では、ンタンタンタンタ…と、裏の音だけを発音してください。

メトロノームの音を仮にカッカッと言う音で表すと、
カタンタカタンタとなります。(ンは無音と言うか休符となりますね。)

これはどなたでもすぐに出来ることではありませんが、ご専門の楽器を問わずどちら様もおやりになった方が良いでしょう。間違いなく良いでしょう。

音楽は、時間の芸術であり、ひとつの時間を2等分する能力を培うところから始まります。

本当に2等分が出来ているならば上記のエクササイズは難なくできる筈です。

ではお出来にならない場合は?
たいへん失礼ながら、あなたはいままでウソの音符を吹いておられたことになります。

端的にいえば、メトロノームに合わせて八分音符でドレミファ~と吹いた時に、ドとミは合っていますが、レとファはいい加減な場所に発音していると言うことです。
それでも、狂いが微細なうちは問題を見出しにくいでしょう。メトロノームの鳴るドとミを吹く時に補正をかけているのですから。
しかしながらそれでは、代償があまりに大きすぎます。

あなたが合奏の一員として演奏するならば、この問題は致命的なものとなるでしょう。
あなたがソリストとして壇上に立つ限りは、ある程度は許されることでしょう。その代わり聴衆はあなたの音楽に説得力を感じることが難しくなるでしょう。

音楽は時間の芸術とは、本当はこんな程度の低いことを指している訳ではありません。
人間だけに成し得る素晴らしい時間のゆらぎ、心理に与える効果を魔法の如く自分のコントロール下に置く事が、真の時間の芸術の第一歩です。

計算され尽くした不正確さを実現したいのに、正確な時間の刻みが出来なくていったい何ができるというのでしょうか。

(お出来にならなかった方へ)いまのあなたには、「定められた一定の時間を2等分する」たったそれだけの事が出来ないのです。
しかしなにも悲観することはありません。このような事が何も訓練せずにお出来になった方はわたしは見たことがありません。

ご自分が今この時点で、この課題が出来ない。
それを自覚するところから、真の時間の芸術への道のりが始まるのです。
スポンサーサイト

category: 書き物

Posted on 2015/12/21 Mon. 01:51  edit  |  tb: --  cm: -- 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。