FC2ブログ
06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

YouTubeチャンネル今後の動画の公開予定(20200629版) 

YouTubeチャンネル今後の動画の公開予定(20200629版)

たくさんの方にご存知いただいております通り、黒田は毎日19:00にサックスのワンポイント動画をアップしております。
「今後はどんなのをやるんですか~?」というお問い合わせをいただきましたので、明日からの公開予定を掲載いたします。

ぜひぜひご覧になってくださいね!
チャンネル登録、高評価もよろしくお願いいたします!

黒田雅之 -YouTube

また、下記以外にも演奏の動画をたくさん掲載していますのであわせてご覧になってくださいませ!


6月30日[演奏デモ付き楽器紹介] B&S Series2001(真鍮) のテナーサックス
7月1日 [楽器紹介] Yangisawaのソプラノサックス (S-9030)
7月2日 [コロナ休みの自由研究] ボザのアリアを吹いてみようとしたら違うものになった
7月3日 [コロナ休みの自由研究] 黒田がいつもの調子でセルマーのMP吹いてみた
7月4日 [演奏例] 「ネイティブフェイス」をどう吹くか [東方曲]
7月5日 [マウスピース] ティップオープニングの広すぎるマウスピース
7月6日 [演奏例] 「Song for Mystia」をどう吹くか [東方曲]
7月7日 [リード] 柔らかすぎるリードの害
7月8日 [演奏例] 「緋想天」をどう吹くか [東方曲]
7月9日 [マウスピース] ティップオープニングの狭すぎるマウスピース
7月10日[アドリブ] アドリブの準備(詳細版)
7月11日[演奏例] (東方曲)「おてんば恋娘」をどう吹くか
7月12日[演奏例] (東方曲)「Oriental Magician」をどう吹くか
7月13日[演奏例] (東方曲)「ピュアフューリーズ」をどう吹くか
7月14日[コロナ休みの自由研究] バッハ「無伴奏チェロ組曲」風の”How High the Moon”
7月15日[バリトンサックス] バリトンサックスの「泣き所」???
7月16日[東方曲] バリトンサックスでついったー東方部レパートリーを吹いてみた
7月17日[ニュアンス] ゴーストノートの実演と解説
7月18日[スイング] モダンジャズの演奏におけるスイング(#1)
7月19日[演奏例] (東方曲)「紅楼」をどう吹くか
7月20日[演奏例] (東方曲)「死霊の夜桜」をどう吹くか
スポンサーサイト



category: 動画、録音など

Posted on 2020/06/29 Mon. 10:37  edit  |  tb: --  cm: -- 

YouTubeチャンネル今後の動画の公開予定(20200608版) 

たくさんの方にご存知いただいております通り、黒田は毎日19:00にサックスのワンポイント動画をアップしております。
「今後はどんなのをやるんですか~?」というお問い合わせをいただきましたので、明日からの公開予定を掲載いたします。

ぜひぜひご覧になってくださいね!
チャンネル登録、高評価もよろしくお願いいたします!

黒田雅之 -YouTube

また、下記以外にも演奏の動画をたくさん掲載していますのであわせてご覧になってくださいませ!

6月8日 [サブトーン] サブトーンの実演と解説(テナーサックス編)
6月9日 [オーバートーン] オーバートーン概論(テナーサックス編)
6月10日 [マウスピース] ハイバッフルとローバッフルの違い
6月11日 [タンギング] 早いタンギングができない場合の原因と対処
6月12日 [フラジオ] フラジオの音がショボい
6月13日 [演奏デモ付き楽器紹介] B&S Series2001(総銀) のテナーサックス
6月14日 [演奏デモ付き楽器紹介] Yanagisawa B-901(バリトンサックス)の紹介
6月15日 [技術] スラップタンギングの実演と解説(バリトンサックス編)
6月16日 [サブトーン] サブトーンの実演と解説(バリトンサックス編)
6月17日 [オーバートーン] バリトンサックスにおけるオーバートーン
6月18日 [フラジオ] バリトンサックスにおけるフラジオの実演と解説
6月19日 [コロナ休みの自由研究] LeoP様の超絶テクニックを研究してみた
6月20日 [楽器紹介] B&S BlueLabel のソプラノサックス
6月21日 [サブトーン]サブトーンの実演と解説(ソプラノサックス編)
6月22日 [コロナ休みの自由研究] 「甘いソプラノサックスの音」を研究してみた
6月23日 [倍音練習] オーバートーンエクササイズ #1
6月24日 [コロナ休みの自由研究] 「指なんて飾りです。偉い人には(以下略」
6月25日 [コロナ休みの自由研究] ソプラノサックスでのフラジオに挑戦してみた
6月26日 [倍音練習] オーバートーンエクササイズ #2
6月27日 [楽器紹介] B&S Series2001 のアルトサックス
6月28日 [超絶pp] 音量ゼロから始めるクレッシェンド
6月29日 [倍音練習] オーバートーンエクササイズ #3 (ファ○マ入店音)

category: 動画、録音など

Posted on 2020/06/08 Mon. 01:10  edit  |  tb: --  cm: -- 

【御礼】YouTubeチャンネル登録1000人達成 

黒田は4月の終わりからYouTubeへの投稿を毎日おこなっております。

一日1動画、毎日19:00公開と決めて投稿(公開)しております。

↓クリックすると開きます。
YouTube 黒田雅之チャンネル


本日、チャンネル登録者数1000人を達成しました。
登録していただいた方々、本当にありがとうございます。

これをご覧の方で、まだ未登録の方がいらっしゃいましたらぜひともチャンネル登録をお願いします。

↓クリックすると開きます。
YouTubeチャンネル登録のやり方

今後も、みなさまに楽しく観ていただける動画を作成していこうと思います。

やってほしい企画などありましたら、メッセージなどお願いいたします!




category: その他

Posted on 2020/06/05 Fri. 01:14  edit  |  tb: --  cm: -- 

オンラインレッスンやネットセッションを成立させるコツのようなもの(覚書) 

オンラインレッスンやネットセッションを成立させるコツのようなもの(覚書)

●まえがき
コロナショックで外出ができなくなり、YAMAHAのオンラインのセッション「NETDUETTO」(https://www.netduetto.net/)に注目が集まっています。
家にいながらオンラインでジャムセッションがおこなえるとあり、まさにこの時代にマッチしたソリューションですね。

現在は主についったー東方部のリハーサルでこのNETDUETTOを使用しており、やっと快適な環境が出来てきたところです。
本日はこの遠隔(オンライン)での演奏について、わたしの苦労したことを交えておはなししたいと思います。


●NETDUETTOについて
YAMAHAさんが8,9年くらい前に出したオンラインセッションソフトウェア。
出た当初はこころのどこかで、もうそんな時代がきたかぁ、とも思いましたが「そんなんまだ無理やろ」と手を出すことはありませんでした。

WebSiteはこちら https://www.netduetto.net/


●レイテンシとは
「遅延」のことをいいます。
この値がおおきいと、音が遅れて届きます。
(大昔のテレビで観た、「NYの○○さ~ん!」(数秒経ってから)「は~い○○です~!」みたいな感じ)
これをどこまで小さくできるかが、快適なセッションが出来るかどうかを分けます。

●レイテンシは人権と呼ばれる時代
そうなんですって!
ちなみに最初設定した時にわたしのレイテンシが30msec台だったのですが、リーダーのtanigon氏から
「そんなん人権ないわ出直して来い」と一蹴されとても悔しかったです。
もう一度言いますね、「NETDUETTOの世界ではレイテンシの大きなユーザに人権はない」ということです。

●レイテンシは可能なら10msec台に
いろいろと見直し、10msec台になったとき、初めてストレスなくアンサンブルが出来るようになりました。
とりあえずわたしの場合ということで、そこまでの道のりをご紹介していきます。

●無線はあっ・・・(察し)
無線LAN接続の方も多いかと思いますが、無線環境は非推奨です。
つながらないことはありませんが、70msecとかすごい数値をたたき出してくれます。
まれに見かけるのですが、初心者なんですぅ、と言ってルームに入り、ほかの皆さんから
「なんかすごいっスね・・(汗」
「もしかして無線スか?」
「あ、まぁ、今夜はこの辺で・・」
みたいなやり取りを見てしまったことがあります。
マジでおすすめしません。というかぜったい有線LAN必須です。

●ケーブルについて
いやもうマジでケーブルのことなんか何年も放置してたから、調べてみてホントびっくり
いまはカテ8まであるんですってねオクサン!
まぁ、でもそんなに気にすることないですよたぶんきっとおそらく。
とりあえずカテ5e以上だったら問題ない(と思い)ます。
ちなみにわたしの防音室はケーブル引き込みとかできないので平べったい俗に言う「キシメンケーブル」を20年ほど前に引きまわしました。
総延長15mになりますが、可能なら短いほうがいい(はず)です。ケーブル通るうちに信号減衰しますんで。
ただ、NETDUETTOをやる前は防音室の中まで無線飛んできてるので無線にしていたんです。
いま思えば、無線化した時にケーブル撤去しなくてよかったです。ちょっとの作業で有線に戻すことが出来たのは不幸中の幸いでした。

●レイテンシと回線速度は違う
まず、回線速度ばかり気にしていましたが我らがスーパーバンマスtanigon氏に教えてもらいました。
回線速度とレイテンシには関係がないそうです。
ちなみに改善前からうちの環境では下りが約60~70Mbps(さっき測りなおしたら84Mbps出てました)、上りは50Mbps前後でした。
マンション住まいVDSLで、OCNのドコモ光です。

●IPv6同士でつながろう
まずはご自身のプロバイダ契約を見直してください。
うちはIPv6をわざわざ自分で申し込んでおく必要がありました。
IPv6の人同士でつながると、NETDUETTOのアイコンの左側に赤文字で「IPv6」と表示されます。
細かいことを言いだすと、NETDUETTOの管理サーバ自身はIPv4だという事ですが、これもIPv6対応をする予定ということです。
IPv4の人とIPv6の人がつなごうとすると、繋がりはしますが遅延の発生しやすい環境となるようです。
ぜったいIPv6でないとダメ、という事ではありませんがなるべくIPv6化しておいた方がいいようです。

●ルーター
うちの無線付きルーターはOCNさんから借りているもので少し古かったものですから、IPv6の設定ができませんでした。
いや、もしかしたらもうちょっと頑張ったらできたのかも知れませんけど、とりあえず新しいのを買っちゃいました。
まぁ、いざというときの代替品にもなるし、ルーター変えると気持ちも変わるってもんで。
結果、IPv6化も成功しましたし、新しいだけあってルーターの性能もいいみたいです。
プロバイダ契約も設定も見直したけど、IPv6にならないよぅって方は、ルーターがIPv6対応製品かどうかも合わせて確認してみましょう。
(うちのルーターは対応製品の表に載ってませんでした。。。)

●PCのネットワーク設定
WindowsOSにおいてお話しますね。
ウインドウズキーとRを同時に押すと、「ファイル名を指定して実行」と出てきます。
そこにcmdとタイプしてenterを押してください。
黒い窓が現れるので、そこで「ipconfig /all」とか打ってenterを押すと「IPv6アドレス」という行があるでしょうか。
もしなければ、次にその黒い窓に、「ncpa.cpl」と打ってenterしてください。
ここから先は環境に依存します。
有線NICのアイコンを探して右クリックし、プロパティをクリックします。
■インターネット プロトコル バージョン 6 (TCP/IPv6)のチェックボックスにチェックが入っているでしょうか。
入ってなければ、つけてください。
入っていれば、そのインターネット プロトコル バージョン 6 (TCP/IPv6)を選択してからプロパティをクリックします。
その画面に、「IPv6アドレスを自動的に取得する」が選ばれているでしょうか。
ここまでOKでしたら、PCの設定は問題ないと思います。たぶん。

●レイテンシの大きな人を仲間に入れない!(ひどい)
たいへん人情のない話ではありますが、一人でもレイテンシの高い(大きい)ひとがいるとアンサンブルを成立させるのがたいへん難しくなります。
NETDUETTOのルーム一覧を見ていますと「30msec以上の方お断り」など辛辣に書いてあるルームがたまにあってビビってしまうのですが、快適な空間を保つために仕方のない措置だとはおもいます。
なので、ひどい!と書きましたが、仕方ないなぁとは思っております。
世の中が早く平和になりますように・・・

●オーディオインターフェイス
さて、PCのセットアップではオーディオインターフェイスというものを使用する必要があります。
無くて出来るのかも知れませんけども、ぜったいあったほうがいいでしょう。
わたしの環境では、PreSonusのAUDIOBOX USBという製品を使っています。
いまはもっと安くていいのがあるかもしれません。
新規に買うときは「ASIO対応製品」をお勧めします。

●ASIOドライバ
細かいことは知らなくていいです。わたしも知りません。
とにかく買うならASIO対応の製品を買いましょう。
細かいことは知りたい人はその辺のお兄ちゃんに訊いてみると詳しく教えてくれると思いますが、ひと通りの説明が終わるまで3時間半ほどかかると思います。
なので、知らなくてもいいです。
ただ、オーディオインターフェイスを買ったら、そのインターフェイスが「現在、ASIOドライバで動いているのかどうか」だけ気にしてください。
いまどきはたぶん、それすら気にしなくていいのかも知れません。

●バッファサイズについて
これもそんなに詳しく知らなくて良いのですが、バッファサイズと言うものが設定できまして、これは極力小さく設定するほうがレイテンシは小さくなります(なる可能性があります)
ただ、このバッファと言うのはデータを送るときにいっぺん貯めておく場所のサイズということですから、環境に依存します。
音が途切れ途切れになると言うことが発生するならば、サイズを調節してみてください。

●圧縮
送るデータを圧縮するかどうか、どの程度圧縮するかということですね。
圧縮するということは相手側でもとに戻してやらねばなりません。(もちろん自動でデコードされます)最近のPCならマシンパワーが充分ありますので高圧縮で良いのではないかと思います。

●音質について
音質を選ぶことができますが、そりゃもちろんいい音で送りたいのはヤマヤマですが、これも最初は低音質にしています。
行けるかなー、と思ったときだけ徐々に音質をあげていってます。いい音でも遅れてちゃ話にならない。

●PCの処理能力
他でもたまに聞く話なのですが、ものすごい昔のPCにNETDUETTO入れて使おうとしている人がいたんです。
どのくらい古いのかはよくわかりませんが、最低限快適に使えるPCを用意しましょう。
推奨環境は、ここに載ってます。https://www.netduetto.net/faq/

●使ってみての感想
上記のとおり、レイテンシは10msec台でIPv6と、そこそこ理想的な環境にはなっておりますが
アンサンブルを成立させるにはなかなか厳しいというのが本音です。
かなり前に吹いてます。いつも通り吹くと遅いです。
そして、お互いに聴きあう能力のある者同士が使用すると、テンポが遅くなっていきます。
淡々と、全員がテンポキープを第一に進めていくように心がけて、初めてリハーサル成立という感じです。
それでも、ないよりはマシですし、曲の構成確認などには充分ですね。

●最後に
書いていいのかどうかわからないけど、JC○Mさんは向いてないっぽいですね。



category: 書き物

Posted on 2020/05/02 Sat. 01:14  edit  |  tb: --  cm: -- 

【黒田式調整リードのご案内】 

【黒田式調整リードのご案内】

サックスを吹くには、リードを取り付ける必要がありますね。

ほとんどの方は市販のリードを買ってきてそのままご使用になられているかと思います。
しかしひと昔前(ふた昔?もっとかな?)までは買ってきたリードを演奏前に自分に合わせて調整してから吹いていたのだそうです。
それがいまでは、ひと握りの方しかそういうことは実践されていないようです。
そのせいか、よく耳にするのは「ひと箱買っても、1本使えるか使えないか。あとは捨てるしかない」
なんともったいない話でしょうか。

どんどん捨てて、どんどん買ったほうが日本の経済は良くなりそうですが、ご自身の家庭の経済はどうでしょうかね。
肩身の狭い思いの方もすくなからずいらっしゃるのではないでしょうか。
さいきん流行の地球温暖化にもよくない気がいたします。

調整をしないでも、使用できるリードは中にはあるでしょう。
それをアタリリードと呼ぶ方がいらっしゃいますね
アタリだと思っていらっしゃるリードは、もしかすると本当はアタリでも何でもないかもしれません。

練習の時間もたいせつですよね。
わたしを含めて、ほとんどの方が時間に追われ少ない練習時間でやりくりされていることかと思いますが、そのうちの何割をリード選びに費やしておられることでしょうか。
この時間が短縮できれば、とっても有益だと思われませんか?

それなら樹脂製のリードがあるじゃないか、というお声もよく耳にします。
大変素晴らしい演奏技術のある方は樹脂のリードでも素晴らしい音で吹かれますが、わたくし程度の技術ではビニールの安っぽい音にしかできません。
また、樹脂のリードも選定品がございますね。
これは何を意味しているか、勘の良い方はお分かりになると思いますが、工業製品であるにもかかわらず品質にばらつきがあることを示しています。
試しにわたしが調整してみるとそれなりに良くなりますよ。
いやいや、樹脂のリードは耐久性に優れているじゃないかというご意見もございます。
残念ですがわたくしが3度吹いたらもとの状態ではなくなってしまいました。

また、「左右均等の形状」を標榜しているメーカーもありますね。
ケーンは自然の産物ですので形状が左右均等では困ります。左右だけでも困ります。組織の疎密に関する考慮が為されていませんね。

黒田は20年の演奏活動のごく初期からリード調整を実践し、幾多の失敗を経てきました。その結果生み出された調整法により1本1本のリードを手作業で調整してお売りする仕事を始めました。

2016年5月に開業して以来、非常にたくさんの方が黒田式調整リードをお試しいただきました。そのほとんどの方がふたたび黒田式調整リードをリピートしてくださっています。

ご注文の方法は、わたくし宛にメッセンジャーにて「リード欲しい」と送るだけです。
数週間後には、あなたのお手元にきっと素晴らしいリードが届くことでしょう。

【2018/12/1価格改訂】
ソプラノサックス用 10本 3600-4200円
アルトサックス用 10本 4200-4800円
テナーサックス用 5本 3000-3500円
バリトンサックス用 5本 4500-5000円
バスサックス用 5本 7500円
Ebクラリネット用 10本 3600-4200円
Bbクラリネット用 10本 3600-4200円
アルトクラリネット用 10本 4200-4800円
バスクラリネット用 5本 3000-3500円
☆仕入れ価格によって幅があります。

【カーブドソプラノサックス専用リード】
カーブドソプラノサックス専用「Sweet Angel」10本入り・\4200円

【UF/MG加工(低音重視設計)】
ソプラノサックス用 「Madame Graisse」 [フレンチ カットモデル ] 10本入り・\4200円
アルトサックス用 「Madame Graisse」 [フレンチ カットモデル ] 10本入り・\4800円
テナー サックス用 「Madame Graisse」 [フレンチ カットモデル ] 5本入り・\3500円
バリトン サックス用 「Madame Graisse」 [フレンチ カットモデル ] 5本入り・\5000円

ソプラノサックス用 「Uncle Fat」 [アメリカン カットモデル ] 10本入り・\4200円
アルトサックス用 「Uncle Fat」 [アメリカン カットモデル ] 10本入り・\4800円
テナー サックス用 「Uncle Fat」 [アメリカン カットモデル ] 5本入り・\3500円
バリトン サックス用 「Uncle Fat」 [アメリカン カットモデル ] 5本入り・\5000円

【JazzBlue加工】
1本あたり100円増し
ソプラノサックス用 10本 5200円
アルトサックス用 10本 5800円
テナーサックス用 5本 4000円
バリトンサックス用 5本 5500円
Ebクラリネット用 10本 5200円
Bbクラリネット用 10本 5200円
アルトクラリネット用 10本 5800円
バスクラリネット用 5本 4000円

【やわらか増し】
50円増し

【加工のみ】
1枚あたり300円

※送料を別途200円程度いただいております。
※特別柔らかいものは1枚につき50円の追加工賃をちょうだいしております。
※一部希少種も別にありましてそちらは特別プライスとなります。FBページの案内をご覧になってください。

随時、下記ページにて魅力のある商品をご紹介しております。

黒田リード製作販売所



111111

category: 未分類

Posted on 2020/03/24 Tue. 11:36  edit  |  tb: --  cm: --